REPORT

2015.6.2
【2015年5月】第二町民ツアーの様子

 

みなさん、こんにちは。

5月のツアーコーディネーターを務めました遠藤です。

今回は、5月の第四週、23日、24日に開催した第二町民ツアーをレポートします。

今までとはかなり毛色の違うツアーになりましたので、どうぞお楽しみください^^

 

==========================================================

 ■5/23 (土) 第二町民ツアー vol.7

『遊びの達人から学ぶ!小布施人流休日の過ごし方。初夏を遊び倒すぞツアー!』

==========================================================

「今日はなにして遊ぶ?」が口癖で、今回小布施人流の「遊び」を教えていただく小林秀樹さん(通称:ヒデさん)から、力いっぱい遊び尽くすことを身を持って体験させて頂くツアー。

ヒデさんは、 デザイナー、スキー場のコース設計やグッヅ作成など「遊ぶ」を仕事にしている、珍しい(?!)生き方をされている方。

hidesan

(いつも楽しそうなヒデさん。本当に素敵です)

 

スケボー場や夏でも練習できるスノボジャンプ台、 最近では「小布施ミュージアム」を改造して創られたボルダリング場などの施設をプロデュースされています。毎年六本木でバートンのイベントも手掛けているカッコいい大人です。

そんなヒデさんとのツアーは、開始早々、小布施から30分強かけて、志賀高原に移動するところからはじまる展開に。小布施の第二町民ツアーとしてははじめて、町外でのプログラムとなりました。笑

志賀高原のスキー場で、世界最大級のロープウェイを貸し切り、 大草原のパノラマの中、ずんずん上昇。

image5

(ロープウェイ。冬の時期はぎゅうぎゅうになるそうです。)

 

頂上に着いたら、6月オープン予定のサバイバルゲーム体験。モデルガンを小高い丘の上の灰皿に当てるゲーム。初めてやったけど、これがおもしろい! 大自然の山々をバックに的がなかなか見えなくて、最初はできるかな、、と 若干不安に思いましたが、途中からは夢中で遊んでいました。

早当てゲームではなんと女性が優勝。 みんないい顔しています。

image2

(サバイバルゲームの体験中。ハマります。)

 

その後は、釣りスポットに行ってみたり、バドミントンをしてみたり、 25年続く地元のお店で、ジュジュカツなるものを食べたり、 チーズナンを購入して、真っ暗な千曲川で コーヒー沸かしながら星を見たり、、、、とにかく、もりだくさんなツアー内容でした。

image1

 

ヒデさんと遊んでいていて感じたことは、 自分ももちろん楽しんでいるし、みんなに楽しんでほしいという気持ちがあふれていて、一緒にいて、わくわくする! だから自然と周りに人が集まるんだなということ。ヒデさんに会いたい方はぜひ一度小布施に! 小布施には他にも魅力的な人がたくさんいます!

ヒデさん、まる1日ありがとうございました!

 

 

 

==========================================================

■5/23 (日) 第二町民ツアー vol.8

『りんご農家さんからりんごづくりのいろはを学ぶ。摘果作業体験をしてみよう!』

==========================================================

2日目は、第二町民ツアーとしてははじめての農業体験ツアーでした。

いつも1日目(土曜日)に実施している初回参加者向けのまちあるき講義を、この日は2日目の午前中に開催。慶應SDM・小布施町ソーシャルデザインセンターの大宮さんから、小布施のまちづくりの歴史について、また今のまちづくりの方向性についてのレクチャーを受け、それにそって町の中心部を歩きます。

image6

 (町役場でまちづくりの講義中。小布施の歴史から知ることができます。)

 

image4

(まちを歩きながらの説明も受け、「なるほど〜」の一こま)

 

まちあるき終了後は、お昼を挟んでいよいよツアー本番へ。

絶好のお天気に恵まれてる中、小布施で果物など 様々の果物を栽培・販売されている関谷ファームさんの畑に向かいます (予報は雨でした。)

中心部の美しい町並みで有名な小布施ですが、実は兼業をあわせると、全世帯のうち1/3が農家さん。栗・りんご・ぶどう など様々な農作物が栽培されています。この時期は、りんごの摘果作業まっさかり。摘果作業とは、リンゴの小さな実を選別し、1個所にまとまっている実から一番いいものを1つだけ残す作業なんです。 リンゴの実は、あまりにもまんまるでもダメで、形が偏っててもダメだし、 綺麗なバランスの取れた、楕円に近い形のものを残すといいそうです。

IMG_3785

(一つのところに複数出来ている果肉から、いいものを一つだけ残していきます)

 

関谷ファーム(5月)

(関谷さんから、まずは説明を受けます)

 

みなで夢中でりんごの木と向き合い、作業を開始。心なしか、緑の中に甘い香りを感じるような。。

IMG_3786

 

心地よい風がふぅ〜っと吹き抜けるなかで 緑の薫りが漂い、あぁなんて気持ちがいいんだろうと噛み締めていました。

IMG_3787

 

体験をさせて頂いた後は、関谷さんご夫婦と、自宅前にある直売所「岩太郎」にてお話の時間。

りんごジュースといちごとナガノパープルのジャムとピオーネのパンケーキ、と なんとも贅沢なおもてなしに一同感動。もちろん関谷ファーム製です!みんなで美味しく頂きながら、お話をしました。

IMG_7734 (1)

関谷さんからは、農業をしているなかでのやりがいについてお話を伺ったり、第二町民のほうからは、「こんなことが出来たら面白いよね」というアイデアが共有されたり。こうやって、生産者の皆さんの気持ちを感じながら、第二町民のもつ新しい視点をプラスして、面白い取り組みに繋げていけたらいいな、と思いました。

 

年中いろいろな果樹(りんごぶどう栗米モモなど)を作られていて、 まだまだ学びたいことがあります。今後も関谷ファームへのお手伝い企画の実施も考えていきますので、興味がある方はお声かけください!

 

関谷ファームさんのウェブサイトはこちらから:http://www.obusekiya.com/

ブログでも報告していただきました: http://www.obusekiya.com/diary/193/

 

 

長くなりましたが、5月のレポートはここまでです。

とにかく毎回楽しむことをモットーにツアーを企画しています。ぜひ、ご自身の目で、肌で小布施の面白さを感じてもらえたら嬉しいです。

次回は6月27日、28日に開催します。皆様のご参加をお待ちしています!